M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

関連会社 (かんれんかいしゃ / Affiliate)

関連会社とは、会社が、出資、人事、資金、技術、取引等の関係を通じて、子会社以外の他の会社等の財務・営業又は事業の方針の決定に重要な影響を与えることができる場合における当該他の会社等をいう。
具体的には以下①~④のいずれかに該当するものをいう(財務諸表等規則第8条5項、6項)。
①議決権の20%以上所有
②議決権の15%以上20%未満所有、かつ下記のいずれかに該当
(ア)自己の現在又は過去の役員・使用人が代表取締役等に就任している。
(イ)重要な融資を行っている。
(ウ)重要な技術を提供している。
(エ)重要な営業上・事業場の取引がある。
(オ)その他重要な影響を与えることができることが推測される事実が存在する。
③議決権15%未満所有、かつ緊密な者及び同意している者の議決権と合わせて議決権の20%以上所有、かつ上記(ア)~(オ)いずれかに該当。
④複数の独立した企業により、契約等に基づいて共同で支配される企業
なお、関連会社に対する投資については、持分法により計算した価額をもって連結貸借対照表に計上しなければならない。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識