M&A事業承継 用語集 デューデリジェンス・企業価値評価

M&Aの意思決定をする上で重要な情報を引き出すデューデリジェンスと企業価値評価に関わる用語についてまとめました。

APV法 (えーぴーぶいほう / Adjusted Present Value Approach)

APV(Adjusted Present Value)法は、DCF法と同様に将来FCFを現在価値に割り引いて還元評価する方法であるが、資本構成が100%株主資本であると仮定し、株主資本コストでフリーキャッシュフローを割引き、負債による調達から得られた節税効果を加味して価値を算定することである。
将来、資本構成が大きく変動する場合、LBOや負債比率の高い再生企業の価値算定に有効な方法と言える。

 
⇒企業価値の評価方法とは | M&Aにおける企業価値評価
 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
 
⇒デューデリジェンス・企業価値評価のサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識