M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

吸収分割 (きゅうしゅうぶんかつ / absorption-type split)

吸収分割とは、会社がその事業に関して有する権利義務の全部または一部を、分割後、他の会社に承継させることをいう(会社法第2条29号)。
吸収分割においては、合併の場合と異なり、分割会社は分割後も存続し、解散することはない。
会社分割により権利義務を承継する場合、個別の権利義務の移転手続を要することなく、会社分割の効力発生により分割会社の事業に関する権利義務の全部または一部が法律上当然に承継会社に移転する。つまり、債権者の承諾がなくとも、債務も移転されることになる。

◆関連ワード
⇒新設分割

⇒会社分割によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識