M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

吸収合併 (きゅうしゅうがっぺい / absorption-type merger)

吸収合併とは、当事会社が契約(合併契約)を締結して行う行為であって、一方の当事会社(消滅会社)が解散し、消滅会社の権利義務の全部が清算手続を経ることなくもう一方の当事会社(存続会社)に一般承継される効果を有する組織再編である。
合併には吸収合併のほかにも、当事会社の全部が解散して新たに設立される会社(新設会社)に消滅会社の権利義務の全部を承継させる新設合併もあるが、実務上は、吸収合併の手続が採用されることがほとんどである。

⇒合併によるM&Aの基礎知識

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。
⇒後継者問題の解決と会社の再成長のため大手へ譲渡したM&A事例はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語