M&A事業承継 用語集 会計・税務・ファイナンス

会計・税務における処理、資金調達の手法、各種ストラクチャーの特性についてまとめました。

1年当たり平均額法 (1ねんあたりへいきんがくほう)

役員退職給与の適正額の判断基準の一つで、類似法人の役員に係る退職給与の1年当たりの平均額に、対象となる役員の在任年数を乗じて求める方法である。
退職する役員の最終報酬月額が適正でない場合や、適正額に修正することが出来ない場合、平均功績倍率法を採用すると、役員退職給与の適正額が著しく低額となってしまうため、この方法を用いる方が妥当といえる。
計算式は下記のようになる。
 
役員退職給与の適正額=類似法人の退職給与の1年当たりの平均額×在任年数
 
⇒M&Aにおける役員退職金と税金
⇒平成29年度税制改正 「攻めの経営」を促す役員給与等に係る税制の整備

 
⇒M&Aで成功する秘訣とは!M&Aの基礎知識
⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

この用語の同カテゴリーの用語

M&A/事業承継 基礎知識