専門商社の入札に買手アドバイザーとして参画したM&A事例

譲渡会社:X社

事業内容
専門商社
エリア
関西地方
売上規模
50~100億円

譲受会社:A社

事業内容
商社
エリア
全国展開
売上規模
3,000億円以上

当社の関わり方

図を拡大

背景・売手オーナー様の課題

投資会社はX社の100%の株式を所有し、経営改善を成功させ、その後の収益も安定していることから、株式譲渡を実行する意向を持っていた。そこで、X社の事業領域に興味を示すと思われる数社に対して入札を行い、A社とのM&Aに至った。

⇒M&Aアドバイザリーのサービス内容はこちら。

M&Aの進め方、成約のポイント

成約のポイント

  • 事前に情報収集を行い、どのような企業が競合となるのか想定し、今後どのようなプロセスで落札を目指すか検討を行った。
  • 将来計画を策定し、それに基づいた価値算定を行うことにより、落札可能な金額の目安をたてた。
  • 落札決定のタイミングの前に本件において譲歩可能な項目、不可能な項目を明確にして、早期提案を行った。

成果・効果

売上ボリュームの増加

  • X社を傘下に入れたことにより、商圏が広がった。
  • X社の得意先にA社の商材を販売するなど、クロスセルが可能になった。