YCGの人材育成

プロフェッショナルの道を究める成長ステップ

一人ひとりのコンサルタントがプロフェッショナルとしての道を究めていくために、山田コンサルティンググループ(以下、YCG)では大きくわけて3つのステップで人材開発を行っています。
まず入社から数年の新人期間は幅広く業界やコンサルティングテーマに触れることで、コンサルタント全員が身につけるべきスキルを得ながら、自分自身が深めたい領域を探します。
入社から数年以降は、中堅として自らの得意分野や強みを明確化し、コンサルティングの実務を牽引することでその強みを深める期間になります。
その後、マネジメント適性のあるコンサルタントはマネジャーや事業部長、拠点長などの管理職となり、専門性に適性のあるコンサルタントはその領域の第1人者としての知見を究めていくことになります。

写真

YCGで身につく能力・スキル

YCGにおけるコンサルティングの仕事は、営業活動から、顧客への提案、コンサルティング・サービスの提供に至るすべてのプロセスで、非常に多岐に渡る能力・スキルを必要とします。特に、クライアントとともに実行までを手がけるYCGでは、提案だけで終わることの多い通常のコンサルティング・ファームよりも経営や事業運営の実務面での能力をも身につけられるのが特徴です。
コンサルタントであれば、誰もが持っていなければならない「ベーシック・スキル」は、新人から中堅にかけて実務や研修などを通じ、全員が高いレベルにまで習得します。その後、中堅以降のキャリアを通じて専門性を深め、究める中で、個々人の専門性における「プロフェッショナル・スキル」を第1人者といえるレベルにまで高めることができます。

写真

一人ひとりの成長を支援する仕組み・制度

一人ひとりの成長を実現するために、YCGでは3つの仕組み・制度を用意しています。1つ目は、「On-the-Job Training」です。マネジャーやプロジェクトメンバーが案件へのアサインや仕事へのフィードバックなどを行い、実務を通じた成長を支援しています。
また、「Off-the-Job Training」として、入社年次や希望するスキル・テーマに応じた研修プログラムを用意しており、集中して新しい知見やノウハウを身につける機会があります。
さらに、一人ひとりの専門性をより長期的な視点から深めていくために、「自己啓発サポートシステム」があります。財務や法務等に係る資格取得、経営やマネジメントの理解を深めるための社外ビジネススクールへの通学サポートなど、幅広い支援を行っています。

写真

下記のエントリーボタンより
当社採用ページにてご応募ください

新卒エントリー

下記よりエントリーください

【2020卒】

  • マイナビの弊社画面へ
  • リクナビの弊社画面へ
  • 弊社マイページへ

pagetop