人事担当者からのメッセージ

多彩なプロフェッショナルが挑戦し、成長し続ける

写真

増田 祥人 Yoshihito Masuda

管理本部
明治大学大学院 グローバルビジネス研究科(中途入社)

YCGという成長のフィールド

国内には外資系ファームを含め、さまざまなコンサルティングファームがあります。その中で山田コンサルティンググループ(以下、YCG)は中堅・中小企業の事業再生に特化したコンサルティングファームとしてスタートしました。今では、中堅・中小のみならず大企業のクライアントも増え、M&A、事業承継、医療などコンサルティングテーマの幅も拡大しており、海外資本が入っていない会計系プロフェッショナル・ファームとして国内最大規模を誇るまでに成長を遂げています。
さらに山田コンサルティンググループとして、不動産やマーケティング・リサーチ、教育研修などに特化した事業部門も有し、グローバルファームとの提携も進むなど、クライアントの課題を解決するための事業領域拡大はより加速しています。
こうした事業領域の広がりは、YCGの提供価値の拡大であると同時に、コンサルタントの成長のフィールドや成長機会の拡大でもあると思っています。経験を積み、自分の意思をもって新たなテーマや事業を創っていく、そういった貪欲さを持った人にとってはまたとない成長環境でしょう。

写真

本気でクライアントと向き合う「現場主義」が人を育てる

YCGという成長のフィールドを活かしてもらうためには、1日も早くコンサルタントとして一人前になってもらわなければなりません。そのために私たちが重視しているのが、「現場主義」です。
現場までの距離感が遠い大企業向けのコンサルティングであれば、抽象度の高い経験則やロジックがものをいうかもしれません。一方、常に中堅・中小の経営者とともにリアルな経営課題に向き合ってきたYCGの強みは、誰よりも深く現場を理解し、常に実態に即した提案や実行支援ができることです。
そのため、コンサルタントはクライアントの想いや言葉をしっかりと受け止められる謙虚さ、素直さ、柔軟性を持っていることが重要ですし、だからこそ本質的な課題や施策を明確にすることができます。徹底的に「現場主義」を貫くYCGで経験を積めば、必ず高い当事者意識を持ったコンサルタントとして成長できます。

写真

コンサルタントに求める「知的探究心、達成思考、貢献意欲」

コンサルタントが現場を深く理解したうえで高い成果を上げ続けるには、さまざまな資質が求められます。YCGでは特に、知的探究心、達成思考、貢献意欲の3つを重視しています。
クライアントやコンサルティングのテーマが多様化していく中で難易度の高い課題を解決し続けるためには、現場理解はもちろん、世の中の変化にアンテナを張り、新しい手法や技術を学び続ける知的探究心が欠かせません。また、戦略を中心とした提案型のコンサルティングとは異なり、事業再生や事業承継、M&Aなど、実現・実行そのものがゴールとなる案件が多いからこそ、「やり切る、やり抜く」ことができる達成思考が不可欠なのです。
もちろん、達成の過程では、クライアントへの「小さな気遣い」から「収益の最大化」まで、誰よりもクライアントに貢献したいと思えるかどうかが、仕事の成果を左右するのはいうまでもありません。知的探究心、達成思考、貢献意欲、こういった資質を持っている方、高めていきたい方はぜひYCGに挑戦してほしいですね。

写真

YCGで歩むプロフェッショナルの道

「コンサルティングファームで成長したい」という方は多いですが、一方で成長した結果どうなりたいのか、何がしたいのか、ということを考えられていない方が多いと思っています。もちろん、コンサルタントとして仕事をしながら見つけていくのもよいのですが、常に意識はしてほしいですね。
YCGであれば、たとえば「より難易度が高く、難しい経営課題を解決できるプロフェッショナルになる」だったり、「会計や法務の知見を深め、専門性を活かして経営者に貢献する」といったキャリアもありえるでしょう。また、「コンサルティングという事業を創っていく事業家としての資質を磨く」こともできるでしょう。
私たちのビジネスに決まったステージはありません。YCGというフィールドを存分に使ってチャレンジし続けてほしい。そのチャレンジする個の集合が、組織の成長にも直結すると思っています。

写真

下記のエントリーボタンより
当社採用ページにてご応募ください

新卒エントリー

下記よりエントリーください

【2020卒】

  • マイナビの弊社画面へ
  • リクナビの弊社画面へ
  • 弊社マイページへ

pagetop