山田ビジネスコンサルティングは、あらゆる課題解決に必要な高い専門性を駆使し、総合的なコンサルティングを実施しております。

2.事業再生コンサルティング

再生に向けた再構築

環境変化対応の要請と過剰債務発生の悪循環

古くはバブル崩壊から始まり、昨今では急速に進むグローバル化やICT技術の発展、材料・資源価格の高騰に加え、市場の成熟化につれて厳しくなる競争といった『経営環境の変化』が、不採算な事業や利用効率の低いアセット(不動産や機械設備等)を抱える企業を多く生み出しています。これら不採算事業の赤字補填やアセットの調達によって、企業は経営上生み出すキャッシュ・フローに対して債務が過大となっているケース(いわゆる過剰債務問題)が増加しています。

事業・オペレーション・財務の3つの再構築(リストラクチャリング)

過剰債務問題に対する解消策や経営合理化について、企業は利害関係者からの強い要請を受ける状況に置かれています。この対応の際に重要なのは、企業自身の視点のみならず、それら利害関係者、特に金融機関の視点を考慮した『実現可能性の高い抜本的な事業計画』を作成し、その計画に基づく適切な利害調整を行う事です。そして、その事業計画には、事業の撤退やコスト削減、あるいは資産処分によるバランスシートの調整といった、『リストラクチャリング』が盛り込まれる事がほとんどです。

再生から自立へ

事業再生局面における「攻め」と「守り」の経営

企業に「減収続き」や「赤字体質」などといった症状が発生している場合、これを競争優位性低下の問題と呼びます。この競争優位性を低下させている企業を再び成長軌道に乗せるためには、「市場」「競合」「事業構造」「組織構造」そして、それら4つの変化とスピードを表す「時間」を徹底的に分析することが必要です。 我々はクライアント企業の市場動向・競合環境等を深く洞察し、自らがクライアント企業の現場に立ち、クライアント企業の人材とともに事業構造、組織構造の改革を実行します。
単なるコスト削減のような「守り」の経営だけではやがて行き詰まります。事業再生の局面では「守り」だけでなく「改革」といった「攻め」の経営が必要となります。

様々な専門分野を持つコンサルタントやパートナーが協働

YBCの事業再生コンサルティングは、再生支援に関する多数の実績を持つコンサルタントに加え、税・法・会計等の制度関係の専門家とコンサルティングファーム出身者、各業界の現場や経営経験者や事業再生に関するソリューションを持つ多数のパートナーが一体となり、クライアントの再生に向けたスキームの構築から各種実行手続きまで総合的にサポートします。

マインド・イノベーションへのアプローチ

内部からの働きかけでは難しいマインド・イノベーション(意識改革)に対して、ファクトベースに基づく危機感の醸成や問題提起、改善施策立案・実行を支援する会議体系・報告書式等の提案、ファシリテーターの派遣といった多面的な角度からアプローチし、改善施策や計画の実効性を高めます。

コンサルティング・アプローチ

コンサルティングの流れ

再生に向けた改善施策立案から社内外のコンセンサス形成までの一連のステップを、クライアントと共に登ります。このステップは全ての企業に共通した一つの定型的なパターンがあるという訳ではなく、資金繰りの状況や初期の現状分析で発見された問題 点の性質によって柔軟に設計され、 最も効果が挙がる為の工程をテイラーメイドで提供していきます。

自律的な改善施策実行体制構築の支援

YBCではクライアントが再生局面を乗り越えた後でも持続的に成長を続けていくためには何が必要かを考え、その仕組みから定着までを支援しています。これによって事業再生コンサルティングをただの『延命』ではなく、クライアントが一層の成長を遂げるための『きっかけ』にして頂く事を目指します。

サービス一覧

経営者様のお悩み一覧

8つのサービス項目別に、クライアント(経営者)様のお悩み・課題をご紹介します。

著書紹介

さまざまな目的に合わせて、マニュアル・解説/トレーニングブックなどをご紹介します。

顧問紹介

弊社の顧問・専門コンサルタントをご紹介いたします。

アジア通信
中国通信